ネーミング提案の結果報告

以前に「地元企業の協力を得てネーミング提案を行いました」の記事を投稿させていただきました。

 

そして、とうとうご協力いただいた有限会社池口精肉店様のスタッフブログにソーセージカツのネーミング募集の結果が発表されました。
どうやら、社内でスタッフ投票が行われたようです。
 
なんと、1位に……といいたいところでしたが、残念ながらお送りした提案は1位にはなりませんでした。
 
しかし!よくよく(有)池口精肉店様のスタッフブログを読むと、あるグループが提案した「151(一期一会)」が投票数第2位だったようです!
1位ではなかったものの良かったですね。
(参照はこちら http://ikeguchi-meat.jp/blog/1436
 
そして、後日、池口精肉店様よりフィードバックをいただきました。
学生たちは、それを受け「もっとこうしておけば良かった」「それは考えていなかった」など盛り上がっていました。
学生の皆さんにとって、結果以上に良い経験になったのではないかと思います。
 
ikeguchi1.png ikeguchi2.png
ネーミング案の一部です。
 
ikeguchi3.pngikeguchi4.png
今回ご協力いただいた池口精肉店のみなさま、ありがとうございました。
 

第2回 留学生&日本人学生交流会

​6月5日(火)第5時限に、大学食堂にて、経営学科主催による「第2回留学生&日本人学生交流会」が開かれました。

 
留学生の他、多くの日本人学生、教職員にご参加いただき、
初めての立食パーティー形式で、楽しく賑やかに交流会が行われました。
  
最初は互いに遠慮がちでぎこちない空気もありましたが、食堂が用意してくれたおいしい料理をほおばり始めるころから、次第にリラックスして会話も弾み始めました。
 
乾杯.JPG 歓談.JPG
 
会場には、「世界のおやつ」コーナーも設置され、中国、タイ、日本のおやつがずらりと並びました。
学生たちは興味津津、始めての味にトライしていましたが、留学生推奨のおやつの味はどうだったのでしょう???
 
世界のおやつ.JPG
 
中国菓子あれこれ.JPG
 
クイズコーナーではチーム対抗戦で大いに盛り上がり、優勝チームには豪華景品がプレゼントされました!
 
クイズ大会2.JPG
 
 
最後にはみんなで記念撮影をして交流会は終了しました。
 
集合写真2.JPG 
 
アンケートでは、留学生と話ができてうれしかった、楽しかった、また参加したいという感想が多く出て、始めての立食パーティーは、皆さんに楽しんでいただけたようです。
 
なお、当日は福山平成大学メディア研究会が取材に来てくれました。
この模様は、後日「エフエムふくやま・レディオびんご」の番組内コーナー『平大Map』
で紹介される予定です。
 
http://www.heisei-u.ac.jp/news/2018/0525_092342.html
 
今回参加できなかった皆さんも、次回は是非遊びに来てください。
楽しい企画の提案もお待ちしています!
 

留学生歓迎会

4月18日(水)昼休みに、留学生歓迎会が開催されました。


これは、留学生入試によって入学した留学生を歓迎し、
在校留学生、教員との交流をはかるための食事会です。

慣れない大学生活に不安を抱いていた留学生も、この歓迎会を通じて
先輩留学生と面識を持つことができ、心強く感じたのではないかと思います。

また、留学生にとっては先生方と会話することは、かなり緊張する体験のようでした。 
こうした経験を多く積むことで、目上の方とのコミュニケーションや敬語に
慣れていってほしいと思います。

H30留学生歓迎会全体写真1.JPG

2018_04_11_01.png

2018_04_11_02.png

 新入生合宿オリエンテーションで、経営学科はふくやまふれ愛ランドに行ってきました。コミュニケーション能力とチームで協働する力の育成を特に重視する本学科は、新入生合宿からコミュニケーションワーク、グループでの課題解決ワークに取り組んでいます。まだ知り合ったばかりの新入生同士でこうしたことを行うのは大変だと思いますが、合宿に帯同してくれた上級生の引率リーダー学生さん達の気さくでなおかつ細やかな心遣いのお蔭もあり、みんな最初のワークから楽しそうに会話し、活発に課題解決に取り組んでくれました。新入生の皆さんが、この合宿で得た友達と協力し合い、これからの大学生活を楽しく実りあるものにしてくれることを願っています。

学位記授与式(卒業式)

卒業おめでとうございます!

3月21日の春分の日,平成29年度 福山平成大学の学位授与式が挙行されました。当日は雨や風に見舞われ,袴姿の女子学生も多い中,足元が悪く大変そうな方もいました。

それでも,卒業生の皆さんの表情は晴れやか。大切な締めくくりの日に期待を寄せ,登校してくれました。

 

今年度の卒業生は平成26年度に入学した学生たちです。

大学全体の学位授与式の後,各学科に分かれて、学科長より学位記が一人ひとりの学生に手渡しされ、見守る先生方から温かく祝福されました。

 

本年度の卒業生は全員が就職も決まり,4月より晴れて社会人の仲間入りをします。

 

IMG-0644.JPG

卒業生の皆さん,本当におめでとうございます。これからの皆さんのご活躍を心よりお祈りしています。

 

 

 当日は、クラブ・サークル紹介のあと、キャンパスツアーで学生スタッフが学内を案内しました。
 その後の学科説明では、教員から経営学科の特長・取得可能な資格・卒業後の進路などについての説明、そして在学生からはキャンパスライフなどの話を聞くことができました。

2018_03_17_01.png 2018_03_17_02.png

   在学生によるキャンパスライフの説明          学生スタッフの紹介

 

 学科説明のあとは、教員の研究室にお邪魔しました。

2018_03_17_03.png 2018_03_17_04.png

     研究室の訪問(渡邉研究室)           図書館でのフリートーク

 

 見学会最後のフリートークのときには、参加した高校生、保護者と学生スタッフがすっかり打ち解け、楽しく会話をしていました。
 見学会に参加されました高校生および保護者の皆さま、春めいてきたとは言え、まだまだ肌寒い時期に福山平成大学にお越しくださり、ありがとうございました。
 来年度の体験入学会(オープンキャンパス)でまたお目にかかれるのを楽しみにしています。

2018_03_15.png

日  時  平成30年2月24日(土)14:00~16:00
会  場  学校法人福山大学宮地茂記念館9階ホール
講演題目  「びんご地域経済の発展と企業戦略策定を考える」
講  師  広島大学特任教授・名誉教授 戸田常一先生


地域政策・地域経済分野から見た備後地域の利点,特に地政学上のメリットやオンリーワン企業が多く産業の集積があるというメリットを活かしての企業戦略の形成という新たな視座を提供でき,参加者から質問も出るなど充実した講演会となった。


 

2月24日(土)に、エフピコRiMで、「第26回外国人留学生による日本語スピーチコンテスト」が開催されました。

 
福山平成大学からは、2年生の李維芳さんが参加し、「アニメNARUTOから学んだこと」というタイトルで、アニメの台詞を使って日本での頑張りを語ってくれました。
きれいな発音で、練習の成果がしっかり出ていたと思います。
様々な国の若者がそれぞれの意見を日本語で語るこの大会は、感動や驚きがいっぱいです。
次年度は、日本人学生も聴きに行ってみてはいかがでしょうか。
DSCN1032.JPG

2018_01_27_01.png

2018_01_27_02.png

 1月27日(土)に4年生の卒業論文発表会が行われました。経営学科で4年間学んだことの集大成として、各学生さんがテーマを決めて研究、その上で執筆した卒業論文の内容をパワーポイントにまとめて、4年生全員、3年生、先生方がいる会場に向けて、一生懸命発表してくれました。中には、その場で答えられないような質問や、修正のアドバイスを受けておられる学生さんもおられましたが、「学ぶ」「考える」ということに終わりはありません。発表した卒業論文を「ゴール」と思うのではなく、当日先生方から頂いた質問やご意見を、新たな思考的出発のきっかけと捉え、これからも物事を多角的に、深く考える習慣を継続して下さい。卒業論文のテーマが直接的には今後の人生に関わらない方でも、その「考え続ける」という姿勢が、皆さんがどんな生き方をしても、人生を豊かにしてくれるはずです。

 発表者の4年生さん、本当にお疲れ様でした。自分で頑張って研究されたこと、先生方やゼミの学友から学ばれたことを、どうか一生の財産となさって下さい。

ジョブフェアonキャンパス

1月19日(金)に、福山大学宮地茂記念館にて、

留学生と企業のための「ジョブフェアonキャンパス」が開催されました。

本学経営学部からは、1年生から大学院生まで、ほとんどの留学生が参加しました。
1部は日本での就職活動のあり方に関する講演が行われました。
2部はワークショップで、ブースごとに企業の方が業種説明をしてくださり、
採用に関する具体な質疑応答が行われました。

企業の方からは、日本での就職に求められるのは日本語力であり、その資格はもちろん、
実際にコミュニケーションをとれるかどうかも大事だという話がでました。
つまりわからないことを素直に質問できること、周囲にとけこもうと努力できること、です。
これは日本人学生にもあてはまるのことでしょう。

留学生は、今後の自分が何をすべきか、よく理解できたのではないでしょうか。
これをきっかけに、就職に向けて積極的に活動してほしいと思います。

 

DSCN1001.JPG

DSCN1002.JPG

このページの上部へ