平成大学

交通アクセス
サイトマップ
ENGLISH
学内ポータル
資料請求
お問い合わせ
HOME

[福祉健康学部 こども学科]教育方針(3つのポリシー)

福祉健康学部 こども学科

教育方針(3つのポリシー)

■アドミッション・ポリシー
こども学科では、乳幼児保育・幼稚園教育・小学校教育のスペシャリストの養成を目標にしています。具体的には、子どもを大切に育て、子どもの可能性を引き出すための基本姿勢を高めるとともに、子どもを取り巻く社会状況の変化に対応できる専門家として保育・教育支援ができる人材を育成します。こども学科では、次のような意欲と熱意をもった人を積極的に受け入れます。

1.子どもの保育・教育に関心をもち、将来それらの分野において活躍するために専門知識や技術を学ぶ意志をもつ人。
2.よく見て、聞いて、自分で考える力、論理的思考力を高めるために努力する人。
3.課題や目標に向けて積極的に挑戦し、継続しながら達成できる人。
4.現代社会、社会状況に関心をもち、時代の変化に対応できる人。
5.社会的常識をもち、協調的に物事に取り組もうと努力する人。

■カリキュラム・ポリシー
こども学科では、乳児から児童まで一貫して支援・教育を行える人材を養成するために必要な科目を開講する。ディプロマ・ポリシーで設定した4つの力を育成するための教育課程を編成している。
また、4年間で段階的に理論や技術を習得し、それぞれの専門性を高めることのできるカリキュラムを設定している。1年次では保育・教育実践の基礎となる知識に関しての理解を深めることに重点を置いている。
2年次では保育・教育にかかわる基礎技能を身につけた上で、段階的に実践へと発展させ、3年次では実習や活動に基づいた応用力や専門力を高め、最終的に、4年次では各自の専門分野における保育・教育現場で応用可能な実践力と専門性を身につけることをめざしている。実施にあたっては、段階的に体験する実習教育によって理論と実践の融合をめざし、4年間ピアノ教育によって技術力や表現力を高める支援とともに、少人数ゼミによる基礎演習や専門演習で専門性を究める支援を行っている。
なお、こども学科では、保育士資格、幼稚園教諭一種免許状、小学校教諭一種免許状を取得することができる。

■ディプロマ・ポリシー
こども学科では、所定の単位を修得し、以下の4つの力を備えた者に対して卒業を認定し、学士(こども学)の学位を授与する。

1.子どもの発達・心理・環境及び保育・教育に関する理解力。
2.子どもの生きる力につながる表現領域と可能性を育成する実践力。
3.様々な課題に対して自分で考えることのできる論理的な思考力。
4.幅広い社会的常識を身に着け、協調的に取り組むことのできる人間力。