経営学科は、新入生オリエンテーション合宿(4月6日、7日)で「尾道ふれあいの里」に行ってきました。

お互いに知り合い、先輩学生や学科教員とも話をすることで、新しい大学生活にスムーズに入ってもらうためのこの行事。

経営学科は例年通り、グループコミュニケーションワークを主にした活動を行いました。

新入生さんにとっては、誰とも、ほぼ初対面の中、最初は簡単な自己紹介や他己紹介から始まり、

徐々に、短い間で打ち解けていき、合宿での役割分担の把握や協働もでき、少し複雑な課題解決ワークへと進みました。

何しろ、初対面同士ですので、これは中々大変なことだったと思いますが、少々大変な作業を通じてこそ、お互いをいち早く深く知りあえることができました!

コミュニケーションの中での協働ワークはこれからの大学生活や、当然、社会に出てからも最重要です。

というわけで、経営学科では新入生さんに毎年このグループワークに取り組んで頂いています。

しかし例年同様、引率教員の期待に応えてくれる形で、今年の新入生達も、相互にコミュニケーションをとり、グループワークのゴールに向けて皆で積極的に取り組んでくれました。

最初はうまくグループに参加出来なかった人たちも、だんだんと他の仲間に自然と引き込まれ、最後にはみんなで肩を寄せ合い、ああだ、こうだ、などと、とても楽しそうにしてくれていたのが印象的でした。

ワークの合間には、楽しい食事とお風呂。今年もとても充実した合宿になりました。

皆さん、この合宿をスタートに、これからもみんなで協力し合って、4年間の学生生活で楽しく学んでゆきましょう。

 

DSCN0940.JPG

DSCN0951.JPG

DSCN0956.JPG