在学生の学士力・社会人基礎力を養成するために、基礎演習Ⅰ・Ⅱなど1~2年次の基礎教育を充実させました。

 基礎演習Ⅰでの取り組みは多岐にわたりますが、その1つとして、外部からいろいろな分野の講師の方々をお招きして世間のことを知るための授業を行っています。

 選挙権年齢が18歳に引き下げられたことにより、1年生全員が投票できるようになったので、本日(6/8)は福山市選挙管理委員会事務局職員の方を招聘し、選挙制度について講義をしていただきました。

 

2017_06_08_01.png  2017_06_08_02.png

 

 後半は、選挙により関心をもってもらうために、模擬選挙で、架空大学の学長選挙を行いました。

 まずは、選挙演説で各候補者は公約を表明しました。投票の際には、見学のため来学された尾道市選挙管理委員会事務局と三原市選挙管理委員会事務局の職員の方には選挙事務のお手伝いをして頂けました。

 

2017_06_08_03.png2017_06_08_04.png

 

2017_06_08_05.png  2017_06_08_06.png

 

 H田現学長が再選を果たすか注目されていたのですが、残念ながら、1票差で落選してしまいました。T内候補者が新学長に選出され、当選の挨拶で今後の抱負を語り、支持者と万歳三唱をしました。

 

2017_06_08_07.png  2017_06_08_08.png

 

 学生からは、「次の選挙には行こうと思う」とか「選挙に関心をもつようになった」という感想を聞くことができました。

 ご多用のところ、講師を引き受けてくださった福山市選挙管理委員会事務局職員の方、遠路から来学された尾道市選挙管理委員会事務局職員の方と三原市選挙管理委員会事務局職員の方に心より御礼申し上げます。