11月5日(日)に、広島県教師養成塾の第2回集合研修が開催されました。
 
「広島県教師養成塾」についてはこちら↓
 
第1回集合研修についてはこちら↓
 
 
今回は、東広島市の広島県立教育センターでの開催です。広島県の教員のみなさんが現職研修で頻繁に利用されているこの施設、こども学科の塾生8名が訪れるのはもちろん初めてです。
 
2017kyoushiyousei2web1.jpg 2017kyoushiyousei2web2.jpg
2017kyoushiyousei2web3.jpg 2017kyoushiyousei2web4.jpg
2017kyoushiyousei2web5.jpg 2017kyoushiyousei2web6.jpg
 
 
第2回集合研修の主な内容は、
・広島県の教員の一日の活動について
・中山間地域の小学校教育環境とその魅力
・自分のめざす教員像「○○のできる教員」の整理
でした。第1回集合研修と同じく、他大学の学生とのグループワークが豊富に組み込まれ、和気あいあいとした雰囲気で研修は進みました。
 
しかし、研修の途中で、講師の先生から、「みなさんが受けているのは、ボランティアでも体験でも実習でもありません。研修です。仕事と同じなんですよ」と厳しいお言葉が……。
塾生たちは、あらためて気を引き締めて、その後の研修に臨んでいました。
 
こども学科の塾生たちは、配属校での実地研修を通じて、小学校教育や小学校教員の魅力を少しずつ実感しているようです。
その様子についても、このブログでお伝えする予定です。ご期待ください!!cid_13@120116.gif