1月19日(金)に、福山大学宮地茂記念館にて、

留学生と企業のための「ジョブフェアonキャンパス」が開催されました。

本学経営学部からは、1年生から大学院生まで、ほとんどの留学生が参加しました。
1部は日本での就職活動のあり方に関する講演が行われました。
2部はワークショップで、ブースごとに企業の方が業種説明をしてくださり、
採用に関する具体な質疑応答が行われました。

企業の方からは、日本での就職に求められるのは日本語力であり、その資格はもちろん、
実際にコミュニケーションをとれるかどうかも大事だという話がでました。
つまりわからないことを素直に質問できること、周囲にとけこもうと努力できること、です。
これは日本人学生にもあてはまるのことでしょう。

留学生は、今後の自分が何をすべきか、よく理解できたのではないでしょうか。
これをきっかけに、就職に向けて積極的に活動してほしいと思います。

 

DSCN1001.JPG

DSCN1002.JPG