10/26(金)に御幸祭前夜祭の一環として毎年恒例の餅つき大会が行われました
経営学科では、例年一年生全員がこの餅つき大会に参加することになっています。
 
毎年、一所懸命に取組んでくれるのですが、皆が協力して作業をスムーズに進めるという点では、今年の学生は特に頑張ってくれたと思います。
餅つきのような作業では、どうしても経験があって上手い人や体力がある人が杵を振るう時間が長くなるものですが、
しかし!今年の学生は、餅をついている人が疲れてくると、すぐに誰かが交代を申し出て、餅つきに慣れていない人も含めて皆楽しみながら作業に取り組み、和気あいあいとできました!
IMG_2369.jpg   IMG_8261.jpeg
このことで驚いたのは、上手い人も慣れていない人も皆おおむね均等に杵を振るった今年のようなやり方の方が、
餅つきが上手な人、体力がある人の作業量が多い場合より、最終的には作業効率が良いように思われたことでした。
S__194183171.jpg    IMG_8262.jpeg
事実、今年は餅つきが大変順調に進んだので、蒸されたもち米の供給が追い付かず、途中休憩時間が生じるというような珍しい事態にもなりました
(これは勿論、経営学科だけではなく他の学科の学生さんも頑張った結果であることは言うまでもありません)。
 
入学当初から本学科で推し進めている、皆で協働して物事に取り組む姿勢を育む教育に、今年の一年生は、特に見事に応えてくれているように思えて、とても嬉しく思いました。
 
一年生の皆さん(志願参加してくれた二年生以上の皆さんも勿論含みます)、大変お疲れ様でした!
皆で楽しみながら協力するその姿勢を、どうかこれからも伸ばし続けてほしいものです !(^^)!