6月14日(水)にアクティブラーニング実地見学会が開催されました。

 今回は、経営学科専門科目「企業実務A」(小玉一樹教授)において行われている「課題解決学習」(Project-Based Learning)の様子を見学しました。

 福山市内にある株式会社キャステム様から「全従業員が着用するユニフォームのデザイン」の依頼を受けて、学生たちが5~6名で一つのグループに分かれてデザインを検討し、見学会実施日にキャステム様から担当の方をお招きし、グループごとにデザインのプレゼンテーションを行いました。その様子を参加した教員約15名が見学しました。

 各グループの学生たちは会社の要望と会社の特徴をデザインにいかに生かしたかなどを説明しました。会社の担当者からは具体的な指摘や質問が出され、学生がそれに答えるというまさにアクティブラーニングの目標とする実践的な学習がなされている様子を見学することができました。

 

2017_06_14.png