学生・教職員のみなさんへ

                                            福山平成大学

           弾道ミサイル発射情報が発信された場合の避難行動について

 

・弾道ミサイルは,発射からわずか10分もしないうちに到達する可能性があります。

・ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は,「Jアラート」を活用して,防災行政無線で特別なサイレン音と

ともにメッセージが流れるほか,緊急速報メール等により緊急情報が伝達されることになっています。

 

メッセージが流れたら,行政からの指示に従い,落ち着いて次のように行動しましょう。

 

○屋外にいる場合には,近くのできるだけ頑丈な建物や地下に避難する。

○建物がない場合には,物陰に身を隠すか,地面に伏せて頭部を守る。

○屋内にいる場合には,窓から離れるか,窓のない部屋に移動する。

〈近くにミサイルが落下した場合〉

・屋外にいる場合は,口と鼻をハンカチで覆い,現場から直ちに離れ,密閉性の高い屋内又は風上に避難する。

・屋内にいる場合は,換気扇を止め,窓を閉め,目張りをして室内を密閉する。

 

弾道ミサイル.png

(内閣官房ホームページ 弾道ミサイルの落下時の行動にって)

 

〈関連情報〉

福山市の防災情報 【弾道ミサイルなど武力攻撃事態における対応について】

[http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/site/bosai/90687.html]