平成30年2月


 

平成30年度入試合格者および保護者の皆様へ


 

大学教育センター長 川久保和雄

 

 

ノートパソコンの準備についてのご案内


 

 福山平成大学では、ICT(情報通信技術)の活用を推進し、教育環境充実を図っています。現在、学生の履修登録や成績閲覧を行う「ゼルコバ」と呼ばれるwebサイトと、授業の事前学修の資料配布や教材の配信、出席管理、レポート提出、小テスト、授業アンケート等の様々な学修支援のための「セレッソ」と呼ばれるwebサイトが稼働しています。これらのwebサイトは、スマートフォン、タブレット端末、パソコンを使って学内外で利用可能です。また、学内には無線LAN(Wi-Fi)が整備されているため、これを通して「ゼルコバ」、「セレッソ」が利用でき、インターネットの利用もできます。さらに、マイクロソフト社のOffice 365のライセンスを福山平成大学で契約していますので、学生は無料でWordやExcelなどのアプリケーションを使用することができます。

 福山平成大学では、これらの環境を積極的に利用して、授業でICT利用を推進するため、平成29年度入学生から入学時にノートパソコンを準備していただいています。

 各学生が個人でノートパソコンを所有することにより、学生のICT機器の活用能力を高め、高度化する情報化社会に対応し、活躍できる人材育成を目指します。ノートパソコンの活用については、1年次の全学科の必修科目である情報処理の授業において導入教育を行い、さらに各学科の専門授業で利用します。

 準備していただくノートパソコンの必要条件は、Windows 8.1以上のOSが動作すること無線LAN接続機能が装備されていること大学が無償で提供するOffice 365が無理なく動作すること、およびバッテリー駆動時間がおおむね6時間以上あることです。必要条件を満たすノートパソコンをすでにお持ちの場合は、それを大学で使用することができます。

 購入機種を迷われる場合は、検討材料の一つとして、4年間の大学生活での使用を考慮した総合保障サービス付きの「大学推奨モデル」をご案内させていただきます。この大学推奨モデルには、全学部の入学生が主な対象の1機種(富士通製)と、こども学科の入学生が主な対象の1機種(富士通製)があります。詳しくは郵送するパンフレットをご参照ください。


以上


 

お問い合わせ先        
福山平成大学 大学教育センター
電話 084-972-5001(代表)
(内線 5101)


 

※なお、こども学科入試合格者および保護者の皆様は、
 次のリンク先のお知らせを併せてご覧ください。

 ≫ ノートパソコンの準備について(こども学科補足)