2018_02_05_01.png

 1月31日(水)、福山市役所において、文部科学省高等教育局学生・留学課の小形課長補佐から枝広福山市長に文科省事業「トビタテ留学JAPAN」の採択書が授与されました。福山の3大学からそれぞれの代表が参加し、福山平成大学からは坪井学長と経営学科の渡辺教授が出席しました。この事業は福山市が産学と連携して文科省に申請したもので、福山市在住または福山市内の大学に在籍する学生を対象にした、1か月~6か月の海外留学と企業研修を合わせた制度です。福山平成大学でもこの制度を利用して本学学生が海外研修の経験を積めるように積極的に応援していきます。

 

本制度の詳細は、下記の福山市役所のHPサイトをご覧ください。

 

 http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/soshiki/machidukuri-soumu/110458.html

 

 2月16日(金)の午後1時半からエフピコRiMの9階スカイホールにおいて、福山市主催の募集説明会がありますので、この制度に限らず、海外研修に興味のある人はぜひ参加してください。

 

 「トビタテ留学JAPAN」の福山平成大学の担当は、経営学科の渡辺清美教授です。関心のある人、質問のある人は2号館6階の渡辺研究室(2616)をおたずねください。