7月9日(月)は、気象警報発令の有無に関わらず「終日休講(クラブ活動含む」といたします。

日本南西部を襲った記録的な豪雨により、広島県・岡山県の各地で甚大な被害が発生しています。

現在、特別警報は解除されましたが、福山・尾道地区には引き続き大雨警報が発令されており、依然予断を許さない状況です。

明日以降も土砂崩れや浸水・冠水等の被害による影響から、道路及び鉄道の寸断や交通機関の大幅な乱れが予想されます。

従って、7月9日(月)は気象警報発令の有無に関わらず「終日休講(クラブ活動含む)」といたします。

学生・教職員の皆様は、不要不急の外出は控え、河川には近づかず、斜面から離れた場所で過ごすなど、身の安全を最優先に慎重な行動をお願いいたします。

なお、7月10日(火)以降の授業等の扱いについては、後日改めて本学ホームページもしくはゼルコバ等により、ご連絡させていただきます。

また、現在学生の皆様に対して、大学から各学科の学生委員もしくは、クラス担任を通じて確認をさせていただいておりますが、この度の大雨により支援が必要な方におかれましては、事務局学生課までお申し出ください。

 

※スクールバスは終日運休となります。