学科ニュース

【経営学科】東南アジア海外研修(ベトナム)①

2024/01/18経営学科
2020年度より予定されていた東南アジア海外研修は、新型コロナで実施が見送られてきましたが、2023年度になってようやく実施することができました。
本研修の目的は、地元企業が海外で事業展開を行っている現場を実際に体感することで、地元に根付きながらも海外へも目を向ける人材を育成することにあります。
渡航先は、ポストチャイナと注目されているベトナムです。ベトナム最大都市のホーチミン市に行ってきました。

研修期間は、12/10(日)~12/14(木)の4泊5日です。初日と最終日は移動日となるため、事実上現地滞在できるのは3日間のみでした。
参加人数は10名で、4年生が2名、3年生が8名でした。
海外研修に先立ち、冨士彰夫学長より参加学生に奨励金が支給され、短い期間だからこそ現地の事情をしっかり学んできてほしいとの訓示がありました。
 

海外研修終了後、(体調を崩した学生がいるため、全員ではありませんが、)参加学生が冨士学長に帰国の挨拶に参りました。全員が初めてベトナムに行ったので、現地に到着しての第1印象、ベトナム料理の感想、宿泊ホテルや訪問先で気付いたことや体験したことを冨士学長に報告をしました。
最後に学生より冨士学長にお土産が手渡されました。

   

 現地での研修内容は、3~4回に分けて、ご紹介いたします。
お楽しみに!
PAGETOP