看護学部看護学科

教育方針(3つのポリシー)

アドミッション・ポリシー

看護学科では、「全人教育」「人間と自然を尊ぶ教育」「心情と愛の教育」「知行合一の教育」の本学の教育理念を基に、将来の看護実践者・指導者・教育者としての人材を育成します。
そのために、次のような意欲と熱意をもった人を積極的に受け入れます。

  1. 他者の尊厳と権利を重んじ、人間を尊重することのできる人
  2. 看護専門職として夢と関心をもち、看護の学修に積極的に取り組む姿勢をもっている人
  3. 相手のことばに耳を傾け、自分の考えを適切に表現し、あたたかい心でコミュニケーションがとれる人
  4. 社会の一員として自覚と倫理観をもち、看護専門職として人の役に立ちたいと思っている人
  5. 多様な価値観や異なる文化を理解しようとする姿勢をもっている人

カリキュラム・ポリシー

看護学科では、高い倫理観に裏づけされた感性を持ち、人間と環境を愛し、看護学の発展、国民の健康増進及び社会福祉に貢献しうる人材を育成することを目的とする科目を配置します。

教育課程の編成
看護学科ディプロマ・ポリシーを踏まえ、以下の教育課程を編成します。

  1. 看護を実践するための基本となる能力、看護ケアの展開能力を修得する科目を設置します。
  2. 看護実践能力を修得するための科目を配置します。
  3. 保健師教育、教職課程は選択制とします。
  4. 主体的な学び、継続的に看護を探求することができる能力を修得できる科目を設置します。

ディプロマ・ポリシー

看護学科では、以下の素養を身につけ、所定の単位数を修得した者に卒業を認定し、学士(看護学)の学位を授与します。

  1. 人間の尊厳を大切にし、倫理観に基づき、自覚と責任ある行動をとる能力を身につけている。
  2. 看護の対象となる個人、家族、集団、地域社会の人がもっている健康問題・課題に取り組む能力を身につけている。
  3. 保健・医療・福祉・教育の関係者、ケアにかかわる多職種と協働できる能力を身につけている。
  4. 看護実践に必要な基本的知識・技術をもち、多様な場面において看護を実践することができる能力を身につけている。
  5. 主体的に行動し、地域社会に貢献できる基礎的能力を身につけている。

PAGETOP