入試情報

奨学金

奨学金制度(学費のバックアップ充実)

本学では、学生が学業に専念できる環境づくりのため、奨学金制度を設けています。この奨学金制度では、一定の条件を満たす学生に対して入学年度の学納金のうち、授業料の免減など4種類を用意しています。その他にも、財団法人による奨学金制度や日本学生支援機構による制度もあり、全ての学生に学費の免除を受けるチャンスがあります。

福山平成大学奨学制度

学業成績、人物ともに優秀で、将来社会の指導者的人物になり得る人材に奨学金を授与して積極的にその育成に資することを目的に設置された制度で、他の学生の模範になると認められた者に対し、次の奨学金制度が適用されます。

名称 奨学金額 備 考
特別奨学生A 授業料について40%を減免し、正規の修業年限の間継続して適用する。ただし、2年次以降において、各学科で定められた単位数以上を取得し、かつ前年度単位取得科目の平均値が75点以上の場合に限る。 推薦入学試験(A日程・B日程)、一般入学試験(前期A日程・B日程、後期)、大学入試センター試験利用入学試験(前期・後期)の合格者で、入学試験の成績優秀者【一般入学試験(前期A日程)から約30名、その他の入試は若干名】を選考する。
特別奨学生B 入学金を15万円に減額するとともに、経営学部と福祉健康学部の授業料については40%(看護学部にあっては30%)を減免し、正規の修業年限の間継続して適用する。ただし、2年次以降において、各学科で定められた単位数以上を取得し、かつ前年度単位取得科目の平均値が75点以上の場合に限る。 指定校入学試験の合格者、及び経営学部指定校入学試験(資格推薦方式)の合格者に適用する。
一般奨学生 当該年度の授業料のうち、30万円を減免する。 本学に入学後、2年次以上の者における前年度の学業成績優秀な者のうち、福山平成大学奨学生選考部会で毎年若干名を選考する。
大学院奨学生 (修士課程)
1年次は当該年度の授業料の70%を減免する。
2年次以降は当該年度の授業料の30%を免除する。
学校法人福山大学大学院奨学生制度に基づき、大学院に在学し、学業成績優秀、品行方正、かつ身体強健な者のうち、大学院委員会で毎年若干名を選考する。ただし、期間は1年間とし更新することができる。

日本学生支援機構奨学金制度

詳しくは、日本学生支援機構ホームページにも掲載されています。

名称 奨学金額 備 考
大学
第一種奨学生
【選択型】
●自宅通学者(月額)20,000円・30,000円・40,000円・54,000円
●自宅外通学者(月額)20,000円・30,000円・40,000円・50,000円・64,000円
※無利子
高等学校における学習成績概評が3.5以上の者で、家計における総所得が日本学生支援機構の示す基準以下の者から選考する。
大学
第二種奨学生
20,000円、30,000円、40,000円、50,000円、60,000円、70,000円、80,000円、90,000円、100,000円、110,000円、120,000円から貸与月額選択(金額変更可能)
※有利子
高等学校における学習成績概評が平均水準以上の者で、家計における総所得が日本学生支援機構の示す基準以下の者から選考する。
大学院
第一種奨学生
(月額)50,000円、88,000円から選択
※無利子
大学並びに大学院における成績や入学試験の成績、及び日本学生支援機構の示す収入基準額を参考に選考する。
大学院
第二種奨学生
50,000円、80,000円、100,000円、130,000円、150,000円から貸与月額選択(金額変更可能)
※有利子
大学並びに大学院における成績や入学試験の成績、及び日本学生支援機構の示す収入基準額を参考に選考する。
入学時
特別増額貸与
100,000円、200,000円、300,000円、400,000円、500,000円から選択(入学年度の初回貸与時に限る)
※有利子
入学時特別増額貸与奨学金のみの申込はできません。
併せて貸与を受けることとなる日本学生支援機構奨学金の基準が適用される。

その他の奨学金制度

その他にも以下のような奨学金があります。詳しくは学生課までお問い合わせ下さい。
福山市奨学金/島根県育英金/山口県ひとづくり財団奨学金/あしなが育英会/交通遺児育英会/朝鮮奨学会/広島県社会福祉協議会介護福祉士学修学資金/鳥取県看護職員奨学資金/島根県看護学生修学資金 他多数


お問い合わせ先
■福山平成大学 学生課
 TEL:084-972-5001(代表)
 住所:〒720-0001 福山市御幸町上岩成正戸117-1
 E-mail:gaku@heisei-u.ac.jp
PAGETOP