学部・大学院

スポーツ健康科学研究科 スポーツ健康科学専攻Major in Sports and Health Science

ヒトの健康と体力を科学し、幅広い世代の競技力を向上させる指導者へ。

本研究科では、ヒトの健康・体力を科学し、生理メカニズムを追求するカリキュラム構成で、身体活動を中心とした医学的・生理的・心理的メカニズムの研究を行い、専門分野の知識を極めた将来の教育者および指導者を養成します。
※保健体育科の専修免許が取得できます。

スポーツ健康科学研究科

学びの特長

ヒトの健康・体力を科学し、生理メカニズムを追求するカリキュラム構成で、身体活動を中心とした競技力向上にもおよぶ医学的・生理的・心理的・教育的メカニズムや反応などを研究します。また「体育科 教育学」「養護教育学」を通じて、実効性のあるカリキュラム開発を可能とするような保健体育および養護教育の専門的指導力を身につけます。保健体育・養護教諭の専修免許が取得でき、業績によってはスポーツメンタルトレーニング指導士の資格にチャレンジできます。

研究目的

子どもから高齢者まで幅広い世代の健康・体力づくりや、限りある競技生活の中でいかに競技力を向上できるかを念頭においた教育・研究を行い、高度専門職業人としての教育者・指導者を目指します。

教育方針(3つのポリシー)

アドミッション・ポリシー

近年、健康とスポーツに求められる価値は多様化の一途をたどり、身体活動を媒介するところでは共通するものの、その運動実践に対する意味や価値創出の背景には閉塞感が蔓延しています。このような時代にこそ、新しい発想や着眼点から、独創的な試みや挑戦をしようとする人材が求められています。そこで、スポーツ健康科学研究科では、下記のような明確な目標をもった人材を求めます。

  1. 健康とスポーツ、そして教育分野で活躍する具体的な将来ビジョンを有している人。
  2. 仮説–検証プロセスに基づき、健康・スポーツ文化活動を科学的に分析したいと希望する人。
  3. これまでにない新しい価値の創造や可能性に挑戦したいという意志を有している人。

カリキュラム・ポリシー

健康とスポーツ分野に関する過去と現在の学問的系譜を理解し、次世代に向けての可能性を示唆できる高度専門職業人の育成を目的に、次の方針を示し、教育課程を編成します。

  1. 健康とスポーツに関する広範で多様な知識を背景に、応用的・発展的な思考の獲得を目指します。
  2. 各講義や演習を通じて、既習知識の活用能力、批判的・論理的思考能力、課題探求・課題解決能力、表現・コミュニケーション能力を備えた健康・スポーツの指導的な人材を育成します。
  3. 少人数教育による双方向授業や実験・調査・事例研究などを組み入れ、実践的で柔軟な授業を実施します。

ディプロマ・ポリシー

本研究科を修了後も、時代とともに健康やスポーツに求められる価値は変化します。本研究科で習得した知識やスキルに固執・安堵することなく、常に時代の流れの先にある文脈を読み解き、さらには新奇な知識を積極的に吸収し、発信できる人材が必要です。よって本研究科の修了者には、下記のような能力の定着を求めています。

  1. 健康・スポーツ分野の発展に寄与するような高度な専門知識について、自ら学び続ける態度を修得している。
  2. 問題解決・課題解決に向けて、自らが自律的に、協働的に取り組むことができる能力を修得している。
  3. 得た成果を発信・説得する過程を通じて、より新しい価値の創出に貢献する能力を修得している。

カリキュラム

COURSE 1  スポーツ健康科学分野

  • スポーツ健康科学特講

COURSE 2  選択・特講

  • スポーツ健康科学特別研究
  • 健康体力科学特講Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • 健康体力科学演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • スポーツ学特講Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ
  • スポーツ学演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ
  • 健康スポーツ領域教育学特講Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 健康スポーツ領域教育学演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 健康医学特講
  • 健康医学演習
PAGETOP