福祉健康学部健康スポーツ科学科

学びのTOPICS

科学的根拠と現場の指導に基づく「スポーツ指導者」の養成

本学の健康スポーツ科学科の教員は、学術研究分野における業績と、専門とするスポーツの豊かな指導経験、その両方を有しています。研究とスポーツ指導を同時に行い、その情報を学生にフィードバックすることで、最新のスポーツ指導の現状を教育に生かし、即戦力となる実力を備えた「スポーツ指導者」の養成を行っています。

最新スポーツ医科学に基づく「健康運動指導者」の育成

様々な測定機器を使用し、身体のあらゆる部分を数値化します。その数値から健康状態に合ったトレーニングやリハビリテーションを実践的に学びます。またスポーツ医科学に関する知識も同時に深めることで、怪我やオーバートレーニングによる慢性障害などを理解した「健康運動指導者」の育成を行っています。

世界有数の環境で学ぶオーストラリア研修

スポーツ医科学分野で世界的に有名な「Sports Medicine Australia(SMA)」と正式に協定を結んでおり、9月の夏期休業を利用した「トレーナー研修」を実施しています。異文化の中で世界の最先端に触れることができる貴重な学びの体制です。

本学向け特別アレンジ「アスレティック・トレーナー養成プログラム」

本学向け特別アレンジ

異文化・多言語理解も含んだ世界最高レベルの専門教育を、各分野で活躍する専門家や大学教授から直接学べる貴重なプログラムです。最先端の知識を短期間で集中して習得します。

オリンピック選手養成施設「Australia Institute of Sport(AIS)」訪問

オリンピック選手養成施設

本学の学生のために特別に組まれたプライベートツアーを通して、一般人は決して見ることができない選手の強化の様子や研究室を見学したり、各種体力測定や身体チェックを体験します。



PICK UP ゼミ

「スポーツ科学はあらゆる仕事に応用ができる」 森澤研究室

選手の成績アップのために指導者はどうすればいいか。実は、評価力のある人がその場にいるだけで、言葉をかけなくても成績はアップします。指導者がアレコレ言わず、選手同士で考え、答えを出すようにする。こうした関係は、近年ビジネスマネジメントモデルとして様々な企業で活用されつつあります。このように、スポーツ科学はスポーツの世界だけにとどまらず、今や私たちの身近な社会へと応用が広がる分野です。スポーツ科学の応用性を知った学生は、その後の学びの姿勢も変わります。スポーツの指導者を 目指す人だけではなく、一般企業で活躍したい人にも、スポーツ科学を通し、様々な考え方や生き方を学んで欲しいと思います。

PAGETOP