経営学部経営学科

学びのTOPICS

充実した基礎からの学び

「基礎演習Ⅰ・Ⅱ」など、1・2年次から基礎教育を徹底的に行います。入学時オリエンテーションでの協働を主体とした学びにはじまり、文章力を強化するための授業、大学祭模擬店の会社経営を実体験するための演習まで学びの内容は様々ですが、それら学びのどれもが、ビジネスパーソンとしての確かな基盤を構築します。

充実した基礎からの学び

就職につながるキャリア教育

産官学の連携に基づき、企画・運営された「BINGO OPEN インターンシップ」事業。備後地域・広島東部地域などの地元企業で就業体験をすることで、働くことの意義や社会人としての在り方を学ぶことができます。就職活動に活かせる経験となるだけでなく、地元企業とのつながりをつくるきっかけにもなる実践的な学びの機会です。

就職につながるキャリア教育

視野を広げるグローバル化

現代は、海外取引を拡大したり、海外進出を積極的に展開する企業が規模を問わず増加しています。国内でも、インバウンド(訪日外国人旅行)の需要増加により、外国人と交流する機会が増えてきています。そんな、グローバル化が進む時代に対応できる人材を育成するための学びとして、選択科目「ビジネス外国語(英語・中国語)」を開講。また、様々な海外研修も展開し、豊かな知識、発想につながる広い視野を養います。

視野を広げるグローバル化

新しい講義のポイント

アクティブ・ラーニング型授業の充実

講義型に加え、学生自身が自主的・対話的で深い学びができる授業を展開。個性と応用力を育みます。

ICT(情報通信技術)の進展に対応できる人材の育成

パソコン・インターネットを使いこなし、情報を活用するためのノウハウを身につけます。



資格取得をサポートする補助制度

試験の受験料を一部補助する制度「受験料補助」や一定レベル以上の資格試験の合格者に奨励金などを支給する「合格奨励金」など、学生の資格取得をサポートするための制度があります。



PICK UP ゼミ

「身近な事例から、マーケティングについて考える」 兎内研究室

なぜ次々と新製品は開発されるのか。新製品はどのように開発されているのか。同じカテゴリーの製品でも、コンビニ限定や直営店限定の商品とそうでない商品があるのはなぜか。スーパーやコンビニ、チェーン店が普及しても、地域の個人商店がなくならないのはなぜか。 企業が価値ある商品やサービスをつくり、使う人に届けるために行う様々な活動をマーケティングといいますが、マーケティングとは身の回りの事例と強く結びつくものです。このゼミでは、マーケティングに関する基本的な視点や論理について学び、ケースディスカッションや企画の立案を通して、その理論を活用することに挑戦しています。

PAGETOP