福祉健康学部健康スポーツ科学科

教育方針(3つのポリシー)

アドミッション・ポリシー

健康スポーツ科学科では、現代社会における健康意識の向上とスポーツ実践の役割を認識し、身体活動を介した健康やスポーツを体系的に深く理解することにより、調和のある人間形成を図ります。更に「健康」・「スポーツ」・「教職」の3つを柱に、社会に貢献できる有能な職能人・教員・指導者や研究者等の人材を育成します。
そのために、次のような意欲と熱意をもった人を積極的に受け入れます。

  1. スポーツや健康科学に強い興味と関心を持ち、自ら学ぼうとする意欲が旺盛な人
  2. 健康・スポーツ文化を発信するための能力や感性を身につけたいと考えている人
  3. 目的を段階的に捉え、成果に向けて努力・達成しようとする人

カリキュラム・ポリシー

健康スポーツ科学科では、「健康」、「スポーツ」、「教職」という3つの基幹科目の系統性を持ち、課題解決能力を持ったインテグリティの高い人材を育成することを目的とする科目を配置します。

教育課程の編成
健康スポーツ科学科ディプロマ・ポリシーを踏まえ、以下の教育課程を編成します。

  1. (1年次)実践からのスポーツ再発見(ギャップの確認)
  2. (2年次)実践と理論のスパイラル省察(問題や課題を自覚しながら工夫・努力する演習群の配置)
  3. (3年次)問題・課題解決への専門的アプローチ(ゼミ色を活かした課題解決への取り組み)
  4. (4年次)問題・課題解決に向けた取り組み(卒業論文作成過程を軸にした解決策の提案)

ディプロマ・ポリシー

健康スポーツ科学科では、以下の素養を身につけ、所定の単位数を修得した者に卒業を認定し、学士(健康スポーツ科学)の学位を授与します。

  1. 幅広い基礎的・専門的な知識を身につけ、それを理解している。
  2. 健康スポーツ領域における知識を活用し、分析・考察できる力を身につけている。
  3. 社会のなかで、健康で文化的な生活に貢献できる幅広い人間性を身につけている。

PAGETOP