平成大学

交通アクセス
サイトマップ
ENGLISH
学内ポータル
資料請求
お問い合わせ
HOME

[専攻科]助産学専攻科

経営学部 福祉健康学部 看護学部 大学院・専攻科
資料請求 LINE ゼルコバ Cerezo Moodle

大学院 看護学研究科

大学院 看護学研究科

取得学位

大学院 看護学研究科

修業年限

■1年

募集人数

■10名

入学資格

看護師資格を有する女性、又は出願時において看護師免許取得見込みの女性で、次のいずれかの資格に該当する者とする。
・学士の称号を授与された者、又は卒業年度末までに授与される見込みの者
・専修学校の専門課程(修業年数が4年以上であること。その他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)
 で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者
・外国において、学校教育における16年の課程を修了した者
・文部科学大臣の指定した者(昭和28年文部省告示第5号)

取得資格

・助産師国家試験受験資格         ・受胎調節実施指導員資格

学びのPOINT

助産師専門職の主となる周産期のケアが安全安楽に提供できるよう教育方法を工夫しています。

教育方針(3つのポリシー)

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)
高度な専門知識と実践能力を身につけ、女性の生涯を通じた健康支援ができる助産師を育成する。

1.家族にとっての大きなライフイベントである妊娠・分娩・育児を安全かつ自然な営みとして支援するための高度な知識と経験に基づいた技術をもった助産師。
2.母性看護の対象である全ての年代の女性の母性を健全に育成する役割を果たすことができる助産師。
3.一人の人間としての豊かな人間性と倫理観に裏付けられた感性を持つ助産師。
4.開業権を有する助産師として、将来地域で活躍するために必要とされる、確かな精神・技術・経験とグローバルな視点をもった助産師。
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成方針)
高度な専門知識と実践力を身につけ、女性の生涯を通じた健康支援ができる助産師を育成するために、次のような方針でカリキュラムを編成している。

1.助産学基礎領域では、女性の生涯を通じて、性と生殖に焦点を当てて支援する助産の基礎を学ぶ。
2.助産学実践領域では、妊産褥婦および新生児とその家族を支援する助産実践に必要な基本的技術を学ぶとともに、助産学の発展に寄与するための研究方法について学ぶ。さらに、助産学実習を通して最新の周産期医療に触れ、最新の技術を修得し、実践力を高め、保健・医療・福祉関係者との連携・協働、地域母子保健、助産師の役割、助産管理について学ぶ。
3.助産学関連領域では、生涯にわたる女性の健康支援のための方法やリプロダクティブ・ヘルスについて学ぶ。
ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)
助産学専攻科では、以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を取得した学生は、卒業(修了)が認定される。(助産師国家試験受験資格を与える)

1.助産の専門知識と実践力を身につけ、助産師としての基礎的能力を身につけた学生。
2.豊かな人間性と倫理的感応力を培い、助産師としての役割、責任を果たす能力と思いやりのある心を持った学生。
3.高度化する周産期医療に対応し、地域社会の母子保健の発展に寄与する能力を身につけた学生。
4.助産師の責務と役割を自覚し、専門職業人として、生涯に亘り自己の資質の向上に努めることができる学生。

カリキュラム

助産学基礎
・助産学概論
・性と生殖の形態機能 Ⅰ
・リプロダクティブヘルスと家族計画
・生命科学と倫理
・女性と胎児の薬理学
・乳幼児と成長発達とケア
助産学実践
・助産とエビデンス
・妊娠期の診断とケア
・分娩期の診断とケア
・産褥/新生児期の診断とケア
・地域母子保健
・助産学管理論
・助産学実習 Ⅰ
・助産学実習 Ⅱ
・助産学実習 Ⅲ
・助産学実習 Ⅳ
・助産学研究
助産学関連科目
・周産期ハイリスクケア
・女性の健康とケア論
・胎児・新生児学特論
・次世代育成論
・心のケア論

カリキュラムマップ


実習施設

【病 院】
・公立学校共済組合 中国中央病院
・福山市民病院
・小池病院
【助産院】
・たんぽぽ助産院
・さくらんぼ助産院

詳細についての
お問い合わせ先
■福山平成大学 助産学専攻科入学試験係
 TEL:084-972-5001(代表) TEL:084-972-8200(直通)
 住所:〒720-0001 福山市御幸町上岩成正戸117-1