平成大学

交通アクセス
サイトマップ
ENGLISH
学内ポータル
資料請求
お問い合わせ
HOME

[大学院]看護学研究科

大学院 看護学研究科

本研究科では、少子超高齢化社会における看護専門職としての社会的責任を果たすため、医療の場を含む生活の場で必要とされる人々のQOL向上を目指し、生活者の視点で広範・多様化する健康社会を支える高いレベルの実践能力と倫理感を備えた看護専門職を育成します。
本研究科では、建学の理念を基盤として、人間の尊厳とアドボカシー(advocacy)の志向に根ざし、看護活動の広範化・多様化に応じて、高いレベルの実践能力と倫理観を備え、根拠に基づいた看護を展開しつつ、研究成果を看護の現場に還元することを目指します。また、看護専門職の育成に関する諸問題を考察できる研究的な視点をもった優れた人材を育成します。

取得学位

■修士(看護学)

領域の理念

研究科の目標に則り、以下のような理念を持つ2つの領域より、教育課程が編成されています。
1.看護管理学・看護学教育領域
看護・医療の進歩と共に、専門知識の充足及び看護管理のために研究能力を高めることが、看護の実践現場には求めらている。その要求に応えるため、看護管理者としてのマネジメント能力ならびにリーダーシップ能力を併せ持つ人材を育成する。

健康的かつ文化的な生活を送るという国民の権利を推進する看護師を教育し支援できる、看護指導者を育成することが看護学教育領域の目指すところである。ソーシャルスキルに根ざす、人間力に満ちた医療現場を含む生活の場の中で、生きていく上で重要なQQLの向上を目指した指導ならびに教育ができるよう、現場主義を導入し育成する。

看護基礎教育修了後の専門看護師・認定看護師などに関する、生涯学習ならびに生涯教育のあり方・展望を探求していく。
2.地域健康看護学領域
少子高齢化社会の中で、長命な人生を生きていく基盤となるのは健康である。
そこで
1)加齢による心身の機能低下を防ぎADLを高め、国民のQQLの維持向上を図ることができる、
2)地域住民の視点に立って健康問題を解決する意識を持てる、

地域健康看護学の確立を目指し、専門的知識及び技術を持つ人材を育成する。

修学年数

■2年

教育方針(3つのポリシー)

アドミッション・ポリシー
1.看護学および保健医療福祉領域における研究に意欲を持つ人。
2.健康問題を幅広い視野で総合的に捉え、新しい分野の開拓や理論の創出に意欲を持つ人。
3.看護管理学・看護学教育領域および地域健康看護学領域の研究に自ら積極的に取り組み、社会に貢献する意欲を持つ人。
カリキュラム・ポリシー
1.看護管理学・看護学教育領域:看護専門職として根拠に基づく看護実践を行い、継続した研究と生涯教育を実践すると同時に、医療・教育現場でリーダーシップを発揮し、問題解決能力を有する看護実践者・看護管理者・看護教育者を育成。
2.地域健康看護学領域:看護専門職として根拠に基づく地域の看護実践を行い、継続した研究と生涯教育を実践すると同時に、地域住民の心身の健康づくりに寄与できるよう、地域健康看護学を身に付けた看護実践者を育成。
ディプロマ・ポリシー
1.専門職として根拠に基づく看護実践を行い、継続した研究と生涯学習を実践すると同時に、医療・教育現場でリーダーシップを発揮し、問題解決能力を有するもの。
2.専門職として根拠に基づく地域の看護実践を行い、継続した研究と生涯学習を実践すると同時に、地域住民の心身の健康づくりに寄与する能力を有するもの。

カリキュラム

COURSE 1 看護管理学・看護学教育領域
・看護管理学/看護学教育特論
・看護管理学/看護学教育演習
・看護管理学/看護学教育特別研究
COURSE 2 地域健康看護学領域
・地域健康看護学特論Ⅰ
・地域健康看護学特論Ⅱ
・地域健康看護学演習
・地域健康看護学特別研究
COURSE 3 看護学共通科目
共通基礎科目
・看護政策論
・看護理論
・看護研究論
共通科目講義
・ウィメンズヘルス看護論
・環境保健論
・コンサルテーション論
・心のケア論
・慢性疾患療養看護論
・看護倫理学
・ヘルスプロモーション論
・高齢健康看護論

カリキュラムマップ